注文住宅造りで失敗したくない!これを押さえておけば大丈夫

完成後の住宅を明確にイメージするために住宅模型を

注文住宅造りは建売住宅を購入する場合より後悔するリスクが高いと言われています。建売住宅は実際に見学・内覧をしてチェックできるので、生活シーンをイメージしやすいです。一方で注文住宅は一から造り上げるのでイメージが難しいです。後悔しないためには住宅模型を制作してもらい、実際の生活シーンを明確に連想することが大切になります。例えばエアコンの室外機が目立つところに設置されていて、あとから移動を余儀なくされたという人がいます。家造りでは屋根や外壁・内装などにこだわる人が多いですが、細かな部分までチェックする人はあまりいません。住宅模型の制作には費用がかかりますが、あとから直すことを考えると制作したほうが安心できます。

収納と動線が住みやすさを決定する

憧れの注文住宅を手に入れたのに、住みにくくてショックを受けたという人は少なくないでしょう。部屋が広ければ住みやすいイメージがあるかもしれませんが、それ以上に影響するのは収納と動線です。収納スペースに対してモノが多ければ、置き場所がなくなって床に置くなどの問題が発生してきます。すると生活スペースの不足につながるので、収納スペースは多めに確保しておく必要があります。動線に関しては室内の移動が快適でストレスが溜まらないことがポイントです。ほかにも家事をするときに効率がよいか、朝の忙しい時間帯のときに水回りが混雑しないか、なども重要になります。動線を広くするには水回りや家具・家電の設置場所の工夫が必要です。

埼玉の注文住宅建築を依頼するなら、実績が豊富なハウスメーカーを優先的に選ぶ、という方法があります。地元埼玉のハウスメーカーはもちろん隣接する東京都内の大手会社を候補に加えてみるのも一つの案です。