気に入った土地を購入するために行うべきこと

気に入った土地を見つけよう

注文住宅を建てるためには、まずは理想の土地を見つける必要があります。土地は、インターネットの不動産サイトなどを使って自分で探すこともできますが、それ以外に不動産業者や住宅メーカーに相談して探すというやり方もあります。いずれが正しいというものではないため、自分に合ったやり方で土地探しをすると良いでしょう。

土地の所有者と合意しよう

気に入った土地が見つかったら、まずはその土地を取り扱っている不動産業者にコンタクトして購入の意思を伝えましょう。うかうかしていると、後から来た購入希望者にせっかく見つけた土地を買われてしまう恐れがあるため、購入の決意を固めた後はなるべく迅速に行動する必要があります。無事に最初の購入希望者になることができたら、不動産業者を通じて土地の所有者と売買の条件を固める必要があります。少なくとも、金額や引き渡し時期については、このタイミングで決めておきたいところです。条件が合意できたら、本格的に契約に向けた準備を進めていきます。

契約において行うべきこと

土地の売買契約を締結する場合には、まずは所有者側から重要事項説明を受けなければなりません。重要事項説明では、土地に関するネガティブな事実などが開示されますので、しっかり確認して自分にとって許容可能かどうかを綿密に検討する必要があります。後になって契約を解除したいと思っても、重説に書かれている事実を理由に解除することはできないからです。特に問題なければ、書面で売買契約を取り交わして、約束通りに代金を支払って土地の所有権を手のすることになります。

ランディの公式サイト