家族構成とライフスタイルは変化します!注文住宅は長期的な視点で検討しよう

先を見越して快適な暮らしを手に入れよう!

注文住宅は、自分たちが提案する家を建てられる素晴らしいものです。総檜風呂で思い切り疲れを癒したい、大理石をちりばめた広い玄関にしたい、など思い描くイメージを誰もが持っていますよね。しかし、特定の部分だけにこだわるのではなく、総合的に判断する必要があります。大事なことは日々の暮らしを快適に過ごすことが重要なのです。そのためには、家族構成やライフスタイルを十分に考慮して、間取りを検討していく必要があります。家族構成やライフスタイルは、長く住み続ける間に変化していくものです。柔軟に対応できる家づくりが求められます。

柔軟に対応できる家づくりを目指そう!

家族の間でもプライバシーが損なわれてはならないでしょう。夫婦の寝室や子ども部屋、お風呂などのプライベートな空間の配置を意識した家造りを目指しましょう。また、子どもがいる家庭では、成長するに伴い子供部屋の役割が変わってきます。こどもが2人いる場合でも、最初から壁を設けて2部屋作るのではなく、一つの広い部屋にしておく方が便利でしょう。可動式の壁を設けるなどの工夫で、部屋を自由にアレンジできます。

また、自分たちの老後をイメージすることも重要です。すでに親と同居している場合も考えられます。当然、バリアフリーに対応した住宅を視野に入れておく必要がでてきます。手すりやスロープの設置、段差の解消に加えて、廊下を広めに設計しておくと安心です。あとでリフォームを施すのは、費用の面で大変負担が大きくなるでしょう。

こだわりを形に!愛知の注文住宅で理想の生活を手に入れましょう。動線や間取りも施主との相談を重ねて夢を叶えてくれる業者があります。