レンタルオフィスを借りるメリットとデメリット


レンタルオフィスのメリット

レンタルオフィスを借りることのメリットは、なんと言っても契約後すぐに仕事をスタートすることができるという点です。すでに机や椅子、それに、コピー機やインターネット設備などが完備されているため、いちいち契約を結んで設置工事や搬入をすると言った手間を省くことができます。賃貸オフィスの場合、契約の翌日から業務をスタートさせるということも可能です。

また、賃貸オフィスは初期コストを安く抑えることができるというメリットがあります。特に、ベンチャー企業の場合、会社を立ち上げるためにあまり予算をかけられないというケースも多々あります。そのような場合において、賃貸オフィスは安い初期費用で借りることができるのが魅力です。

レンタルオフィスのデメリット

確かにランニングコストが安く、規模の小さな会社でも気軽に借りることができる賃貸オフィスですが、プライバシーという観点から見ると、デメリットが有ることは否定できません。格安で借りられるレンタルオフィスの場合、オープンスペースの利用に限定されていたり、個別のデスクが割り当てられたとしても、個室ではなく簡単な仕切りで区切られているところが多いです。予算の関係上仕方がないとは言え、プライバシーの保護の観点から見ると、不安なところがあります。

また、賃貸オフィスの場合、デスクや備品の配置は予め決まっていて、自分の好きなように改装するということは許されないのです。安さに惹かれてレンタルしたら、こんなはずではなかった!ということもよくあるようです。

中央区で賃貸オフィスを選ぶときには、立地条件やデザイン性だけではなく、耐震性に優れているタイプを選ぶのがポイントです。